*

年齢を重ねると身体の調子も不具合が重なっていくね。。。

腹部の右上にある肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や糖尿病を代表とする非常に多くの疾患の元凶となるかもしれないのです。
音楽会の開催されるスペースやクラブハウスなどに備えられている大きなスピーカーのすぐ近くで大音量を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷」と言います。

ストレスが蓄積していく原理や、便利で効果的なストレスを緩和する方法など、ストレスに関しての正確な知識を保持している方は、まだまだ少ないようです。

30才から39才までの間に更年期がやってきたとすれば、医学的に表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気にあてはまります(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義付けています)。

PC使用時の細かなチラつきを低減させるPC専用のメガネが殊更人気を集めている要因は、疲れ目の対策にたくさんの人々が興味を持っているからです。


脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常が主因で出現する湿疹で、皮脂の分泌が乱れる因子としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の崩れやV.B.複合体の不足などが関わっています。
汗疱というのは主に手の平や足の裏又は指と指の間などに細かい水疱ができる病気で、世間一般ではあせもと呼ばれており、足裏にできると水虫と混同される場合が結構あります。

下腹の疼痛を起こす代表的な病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性性器の疾患等が挙がります。

5-HT神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを鎮圧し、色々な覚醒現象などを操作していて、気分障害(鬱病)の方は働きが低減していることが判明しているのだ。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を持っている精液や血液、女性の腟分泌液、母乳といったあらゆる体液が、看病する人などの粘膜部分や傷口等に接触すれば、HIV感染の危険性が高くなってくるのです。


普通は水虫は足、こと足の裏に発症する皮膚病だと勘違いされやすいのですが、白癬菌が感染する場所は決して足しかないわけではなく、人の体ならどこにでもかかるという恐れがあります。
必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろん、全身の健康やビューティーアップを目的とし、食事とは別に様々な種類のサプリメントを採用する事が普通になったようです。

体脂肪量(somatic fat volume)にさして変動がなく、体重だけが飲食や排尿などで短時間で増減するケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が高まります。

食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、大別すると毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。

自分で外から観察しただけでは骨折したのかどうか分からない時は、違和感の残る箇所の骨を弱めに突いてみて、もしその箇所に激しい痛みがあれば骨が折れている可能性があります。


様々な身体の不具合には牡蠣のチカラがオススメです。→牡蠣のチカラについて


コメントする